2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月

≫ EDIT

ありがとうございました!

今年もあと40分位で終わろうとしています。

シェリーと年を越せなかった事は とてもとても残念です。
さみしくてさみしくてたまりません・・・・

でも、年末でバタバタと忙しくしながらも
ふと、その事を考えながら思ったのは

17歳の10カ月、シェリーは本当によく頑張ったなぁという事、
何度も、もうダメかと思った事もあったので
ここまで 頑張ってくれて 一緒に過ごせて
感謝しなければいけないなって・・・

もっともっとって望むのは 私は欲張り過ぎなんじゃないかって・・・

ありがとうってシェリーに言わないと・・・って・・・

後悔の気持ちが強くて まだちゃんとありがとうって言えないけれど
もう少し時間が経ったら、ちゃんとありがとうってお空のシェリーに
言いたいと思います。


息子Rが、29日に帰って来ました。
シェリーの写真が欲しいと言うので
k20151231a1
ハガキサイズにプリントした写真を何枚か出して選んでもらいました。

「シェリーって写真映りが悪いね」って言いながら迷って
左下の写真を選びました。

昔の写真も引っ張り出してきて、懐かしいと言いながら
写真見て思い出話したり、スマホで写真を撮ったりしていました。

写真の入っていた箱に たまたまメルティちゃんの写真があって
(シェリーの15歳のお誕生イベントの時の賞品に利用した写真です)
「この子、超可愛いんだけど!すっごい可愛い!可愛すぎる!」と
メルティちゃんの写真を見ながら絶賛していました♪

おいおーい、シェリーが焼きもちやいてるよ~^m^


息子Rが、帰宅してシェリーにお線香をあげる時に
沢山のお供えのお花に驚いていました。

すごいねって

こんなにしてもらえて幸せだねって


もっと早くにご紹介したかったのですが
なかなかブログ更新が出来なくて遅くなりましたが
いただいたお供えのお花をご紹介させていただきますね。


k20151231a2
ハルちゃんパパ様、ママ様、ありがとうございました。


k20151231a3
らんすけ様、ありがとうございました。

k20151231a4
仏具セットもありがとう。




k20151231a5
ハリポンママ様、ありがとうございました。


k20151231a6
ラッキーくんのママ様、ありがとうございました。



k20151231a7
クレージュ様、ありがとうございました。


k20151231a8
メルメル様、ありがとうございました。


k20151231a9
emi様、ありがとうございました。



k20151231a10
makipi様、ありがとうございました。


k20151231a11
ビーンママ様、ありがとうございました。


k20151231a12
シェリーの祭壇がいただたお花のお陰で
とても華やかになりました。

私たち家族はもちろんの事、シェリーもきっと喜んでいると思います。

お花の他にも、オヤツや果物、お手紙、お菓子など
沢山いただきました。

お悔やみと励ましのメールもいただいました。

何度お礼を言っても足りないくらい、皆さまのお心遣いに
深く感謝しています。
本当にどうもありがとうございました<(_ _)>

お供え物のお返しは、四十九日を終えてから
送らせていただきたいと思いますので
どうぞ宜しくお願いいたします。


今までシェリーをご心配・応援してくださった皆さま、
本当にありがとうございました。

今度は、私が皆さまの愛するワンちゃんたちの応援をさせていただきますね。

2015年の1年、大変お世話になりました。

2016年も、どうぞよろしくお願いいたします。


すべてのワンちゃん&ネコちゃんが幸せに過ごせますよう
心から祈っています。



 
スポンサーサイト

| シェリー | 23:20 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お見送りのこと

シェリーがお空に旅立ってから2週間経ちました。
ものすごく早いような気がしたり、
まだ側にいるような錯覚をしたり、
時間が止まったままのような気がしたり・・・
複雑な気持ちでいます。

年末という事で あれこれやる事がいっぱいあるので
忙しくしていると気がまぎれて助かります。

時々、発作のように悲しみが溢れ出て
泣いてしまう事もありますが
冷静に受け止められている時もあります。

パパもすごく寂しいと思うのですが
私のこと、たぶんすごく心配してくれているので
シェリーが亡くなった直後からとても冷静に
いつもどおり普通に接して過ごしてくれています。
それが、私にはとてもありがたく心の中で
パパに感謝しています。

シェリーのお見送りの事をブログに書こうと思って
写真を加工している時、ふと一年前のシェリーって
どんなだったのかな?って思って 一年前の写真を探して見ました。


k20151227a1
少しずつ、認知症の症状が出始めていましたが
こんなに元気そうで 今までのシェリーだったと
ビックリしました。

17歳のお誕生日過ぎたあたりから、どんどん痩せてしまって
骨と皮のようになってしまって・・・・
17歳になってからのシェリーの印象が強すぎて
1年前の元気なシェリーの姿を忘れてしまっていました。


今は、きっとお空の上でご飯食べてプックリして
お目目も見えて 元気に走り回っていて
時々、パパと私の所に様子を見に来ているのかも。

あいかわらず、パパとは喧嘩ばかりしているから
シェリーは呆れているかも(^_^;)



すみません、前置きが長くなりました・・・

では、シェリーをお見送りした時の話を書こうと思います。

追記に、シェリーの亡骸の写真も載せますので
大丈夫な方だけ追記をご覧になってください。

≫ Read More

| シェリー | 23:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

手続きと病院に挨拶

今日はクリスマスですね。

k20151225a1
今月初めの頃に、玄関に飾ったシェリーのお人形のクリスマスバージョン
ほんとは、今日、ここで一緒に写真を撮る予定だったのに・・・

今年も、一緒にクリスマスケーキを食べられると思っていたのに
まさか、ケーキ大好きだったシェリーが
ケーキを食べないでお空に行ってしまうなんて・・・

クリスマスを楽しむ気分ではなかったけれど
シェリーが好きそうなケーキが売ってたので
祭壇にお供えしてから 代わりに頂きました。

今日は、シェリーの好きなクリームコロネを買って来て
お供えしました。
シェリーが食べてくれないから、私がますます太っちゃいます


.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.


日曜日に、パパと買い物に行きました。
二人で買い物に行ったのなんて、1年半以上ぶりです。
ドラッグストアに行ったら、パパが「包帯買わなきゃね」って・・・

「何で包帯買うの?」って聞いたら

「シェリーの足に巻くやつ・・・・あっ、もういらないんだった」
ってパパ。

パパもまだシェリーの居ない生活に慣れていないんだな・・・
ドラッグストアの中で、泣きそうになっちゃいました。

月曜日も用事があり 二人で外出した時にも、
まだ一緒に外出できた頃、毎回口癖のように
「シェリーが待ってるから早く帰ろう」って言ってたのですが
もう言わなくていいんだねって話しになり、
待っている子が居ない事が こんなに寂しいなんて・・・
まだまだ、夫婦ともども、慣れないです。


12月22日火曜日

9時半に家を出て 4週間に一度行く内科に行って来ました。
血圧は、お薬も飲んでいるし安定しているのですが
熟睡出来ないことと、胸がざわざわするので
ラッキーくんのママがオススメの 更年期・不眠・不安症に
効果のある漢方を出してもらいました。

病院のあと、区役所が病院から近いので
シェリーの死亡届けを出しに行って来ました。
事務的に済むと思っていたので 大丈夫!って思っていたのですが
年配の女性の方が手続きをしてくれて
すごく優しい方だったので、ちょっとホロっとしそうになって我慢しました。

鑑札と狂犬病予防接種済証を お返しするのかと聞いたら
「思い出に持ちかえられてもいいですよ」と言われたので
それじゃあと持ち帰る事にしました。
お礼を言って、生活課を去り帰ろうとしたら
涙が出てしまって、鑑札を握りしめ泣きながら車に乗りこみました。

この後、お世話になった動物病院に挨拶に行く予定だったので
車の中で気持ちを落ち着かせて
「シェリーちゃん、ちゃんとご挨拶してくるからね」って
見えないシェリーに話をして 病院に行って来ました。



k20151225a2
午前の診察終了近くまで待ち、ご挨拶に行って来ました。
最後まで診察していただいた担当の女の先生とお話したら
だんだんと涙が出てしまって、その後、院長先生や
トリマーさんにお礼をちゃんと言おうと思ったのに
泣いてしまって、グダグダになってしまって
ちゃんとお礼が言えませんでした・・・

女の先生からは
最後まで食べられたので良かったです。
急だったけれど、だいぶ痩せてしまったので・・・・
でも、お母さんが色んな物を食べさせてあげたりと
頑張っていたから、お母さんとシェリーちゃんの二人三脚で
本当によく頑張ったと思いますよ。
と言われました。

院長先生からは
途中から、担当が変わりましたが、いつも女の先生から
頑張っている様子を聞いていました。
どの飼い主さんも、こうしてあげればよかったと
後悔する方がいるけれども、頑張ってお世話していたし
最後は、シェリーちゃんもありがとうって思って
亡くなったと思いますよ。
と言われました。


先月末に、1ダース買った腎臓サポートの缶詰が
10缶残っていたので、腎臓が悪くなった子に
お試しでこの缶詰を差し上げてくださいと言って
先生にお渡ししました。


号泣しながらお礼を言って病院を出て 車に乗ったとたん
涙がもっともっと出て 止まらず・・
車を運転しながら、子供のようにワンワン声を出して
家に着くまでずっと泣き続けてしまいました。
大人になって こんなにワンワン声を出して泣いたのは初めてかも・・・

家に帰ってからも、止まらず しばらくずっと泣いていました。
パパが外出していて良かった・・・・

落ち着いてから冷静になって振り返ったら
すごく恥ずかしくなって・・・
祭壇の前に座って、シェリーに
「ママ、泣いちゃってちゃんと挨拶できなかったよ・・・」って
シェリーに報告しました


区役所への届けと 病院へのご挨拶は年内にと思っていたので
グダグダにはなりましたが、ひとつやり遂げられホッとしました。


それから、ワンちゃんのいるお友達には 喪中のお知らせを
それ以外の方には、年賀状を昨日やっと出来上がったので
今日、ポストに投函しました。

喪中ハガキは、12月中旬頃までに届くようにした方がいいらしのですが
亡くなったのが13日でしたので、年内ギリギリになってしまいました。
年賀状をすでに用意されてしまった方には 本当に申し訳ありませんでした
前の記事にも書きましたが、私に送ってくださる分をすでにご用意されていた方は
是非 送ってくださいませ。喜んでいただきますので





| シェリー | 17:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年賀状のこと

シェリーをお見送りして シェリーの祭壇に必要な物を買いに行ったり
祭壇を可愛らしく飾ったり、いただいたお花のお世話をしたりと
しばらく気がまぎれていたのですが、一昨日の午後あたりから
ものすごい疲労感で 起きていられなくなって
家事とシェリーの祭壇の事はやっていますが
力が出なくて ソファーの上で横になっています。

疲れる事なんて何もしてないのにねってパパに言われたけど
何とも言えない疲労感で、何もする気力がありません。
たぶん、気が抜けてしまったんでと思います。

いつまでもこれではシェリーが心配して天国に行かれないから
さっき栄養ドリンクを飲んで自分にカツを入れました(^_^;)
疲労感はありますが、ご飯も食べているし、ちゃんと寝ていますので
ご心配なさらないでくださいね(^^)



タイトルの年賀状のことですが・・・


そろそろ年賀状の用意をしなくっちゃという時に
シェリーが亡くなってしまいました。

来年の年賀状どうしよう・・・・
迷いましたが、家族にワンコがいらっしゃる方でしたら
ご理解いただけると思うのですが
シェリーは私にとっては かけがえのない子供ですので
新年のご挨拶を失礼させていただきたいと思います。

年末ぎりぎりになってしまうと思いますが
年賀状のやり取りをさせていただいている方には
喪中のお知らせをさせていただきますね。

私は、勝手ながらこのようにさせていただきますが
もう年賀状の用意をされた方もいらっしゃると思います。
用意をしてくださった方は、是非、年賀状を送っていただけたら嬉しいです。
勝手なお願いばかりで申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。




| お知らせ | 17:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シェリーの最期のこと 続き

【12月13日日曜日】
日にちが変った深夜も ワンコハウスの中からシェリーの鳴き声が
絶え間なく続いていました。

私は、まだこの時には、あと数日は 夜中に吠えるのかな・・・
聞こえているかは分からないけど、
我が家は吹き抜けなので、シェリーの声が家中響いているので
迷惑かけてるかもと思い、近所に一応菓子折り持ってお詫びに行こうかな
と、そんな事もチラッと思ったりしながらシェリーを見守っていました。

見守っていると言っても、ワンコハウスの中にいるので
姿は見えず、時々毛布をめくって様子を見て
足をさすってあげているだけでした。

それにしても、金曜日の夕方から ずっと鳴き叫んでいる力が
何も食べないシェリーの小さな身体のどこにあるのだろう?
何であんなに鳴いているんだろう?
何を訴えているのか・・・
吠えつづけているけれど、呼吸が荒くもなっていなくて
何でなの?と そればかり考えていました。

あまりに鳴き続けるので、午前3時頃に、ワンコハウスから出して
抱っこしてあげようかな・・・と思いました。
でも、抱っこ嫌がるだろうし、鳴き声は力強いので
朝は大丈夫だろうと そのままワンコハウスに入れたままにすることに・・・

3時半頃、ずっと鳴き続けていたシェリーが
「アンアンアンアン」と鳴く間に少し間が出てきました。

そろそろ疲れたのかな?じゃあ寝てくれるかな?
その時、私は お気楽にもそう判断しちゃったんです。

眠くはなかったのですが
寒くなったので毛布に丸まって 疲れも出ていたので
ソファーの上で寝ころびました。


午前3時37分。
時計を見て、まだこんな時間か・・・早く朝にならないかな~と思いながら
鳴いている時間と鳴きやんでいる時間がどのくらいかな?なんて
寝ころびながら 指で鳴く回数、無言の回数って感じに
指を下りながら数えていたんです。

それがまるで・・・
羊が一匹、羊が二匹・・・みたいになってしまったみたいで
私、記憶がなくなり、寝てしまったんです。


パッと目が覚めたのが 4時55分位だったと思います。
シェリーの鳴き声が聞こえません・・・・

寝ちゃったんだ~と思いながらも、何だか嫌な静けさだったので
ワンコハウスを覗いて 掛けていた毛布を取りました。
毛布もシェリーのおチリもホカホカですごく温かかったです。

「シェリー、シェリー」ってゆすってみましたが無反応・・・

奥の方を見ると、上を向いたまま吠えたままのような顔、
前足はピーンと伸びていました。

ゆすっても、目が動きません・・・

シェリー、シェリー!!って大きな声で呼んでさすっても
全く動きませんでした。


シェリーが亡くなったと分かりました。


2階で寝ているパパを起こして ワンコハウスからシェリーを出しました。
その時は まだ私は冷静で 硬直する前に前足と後ろ足を丸めてあげないとって言って
パパとシェリーの身体を丸めようとしました。
でも、前足はもう硬直しはじめていて うまく丸められませんでした。

ネットで旅立ちの準備のところを見ながら読んで
パパがシェリーの姿を整えていたのですが
読んでいるうちに だんだんと涙が溢れ出ました。

吠えたまま亡くなってしまったみたいで 犬歯が剥き出ていたので
パパがお口を整えて、目を閉じてあげました。


「よう頑張ったなぁ・・・。長生きしてくれたね」ってパパが
シェリーの亡骸に声をかけていました。

私は、最後に抱っこして看取ってあげれば良かったのに
ワンコハウスに入れっぱなしで寝てしまった事が許せなくて
シェリーに、「ごめんね、ごめんね、1人で逝かせて・・・」と
泣きながらシェリーに謝り続けました。


もう長くはない、あと1日か長くて2日位なんじゃないかと覚悟していましたが
まさか、13日の朝方に亡くなってしまうとは思いませんでした。

もっとこうしてあげたら、もっとこうできたのに・・・・

後悔の気持ちと 自分の愚かさに 本当にやり切れないです。

最期を看取っていないので、シェリーが何時何分に亡くなったのかが
分かりません。
推測ですが、午前4時頃だったんじゃないかなと思います。
私が眠った直後位だったんじゃないかと思います。

昨年の夏頃からは、パパと交代で シェリーを絶対1人にはしないように
ずっとそうして過ごしていました。
部屋に1人しかいない時は、トイレも我慢するほどに・・・

なのに、同じ部屋にいたとはいえ、1人で旅立たせてしまった事は
たぶん、一生後悔することと思います。

でも、17年間、悲しい思い出よりも、
楽しくて面白い思い出の方が沢山ありますので、
少しずつ、楽しかった思い出話を家族や友人として
シェリーにありがとうって言えるようになろうと思います。

長々となりましたが 最後まで読んでくださってありがとうございました。

k20151219b7
シェリー*17歳10カ月と6日 人間だったら87歳でした。
最後までよく頑張りました。

皆さん、今まで応援してくださって どうもありがとうございました。




*シェリーのお見送りの話しなどを 後で書かせていただきますね*

| シェリー | 16:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シェリーの最期のこと

【12月11日金曜日】
午前3時半に起きてチッコをしました。お布団に・・・
汚れた物を洗ってから、栄養スープをあげました。
ゴクゴクとほぼ全部飲みました。

その後、2度寝して6時に起きてチッコして
朝ご飯も焼き芋も 何にも食べたくないと拒否しました。
その後も、フラフラしているので、午前中抱っこしていました。

牛肉だったら食べるかも・・・と、支度をして買い物に行く事にしました。
パパと抱っこ交代。

パパに、「病院に行った方がいいかなぁ?でも、病院行くとストレスになるし、
最近、病院に行った後に具合が悪くなる事が多いんだよね」と相談しました。

数日前から、病院に行くのはやめよう・・・というような話はしていたんです。
でも、水分さえ摂らないとなると、このままでいいのか?って迷いもあり、
数日間、ずっと迷い悩んでいました。

パパがシェリーを抱っこしながら
「もう、嫌な所には連れて行かないくていいよ。もうそろそろ準備をしているんだよ。
もういいよって、そっとしておいてって」ってパパが静かに言いました。


「うん・・・そうだね・・・」って小さく答えたあと、

わぁーって、私、泣いてしまいました。

「もうね、覚悟はずっとしてきたんだよ。でも、でも、シェリーともう会えないのは辛い」
って言いながら、泣いていたら

パパが
「パパが死んだ時、こんなに泣いてくれるのかな・・・」って
今 そんな話はどうでもいいじゃない!ってことを言うので
ちょっと冷静になって、でもメソメソしながら牛肉を買いに行きました。


11時過ぎに帰宅して、シェリーに 犬日和をあげたら
まったく食べようとせず。。。
焼き芋は、食べようとしたけれど 口が全く開きませんでした。


そうこうしている時に、12時頃に シェリーがうんPをしました。
オチリについちゃうベトっとした黒っぽい便でした。
拭いてあげると、それが刺激になってしまって
また少し出てきました。黒い便・・・血便でした。
何度拭いても、少しずつ血便が出て その度に嫌がって(痛がって?)
刺激になってしまうので、オチリが汚れていましたが
しばらく様子を見ることにしました。

12時半頃、少し落ち着いたようなので
オチリを拭いたら、また血便が・・・・
自分の寝床にフセ状態になり、「ウーウー」と苦しそう・・・
これはもうダメなのか・・・と  外出したパパに「帰って来て」と
メールをしましたが、その後すぐに落ち付いたので
「まだ大丈夫そうなので帰ってこなくていいよ」とメール。


それから しばらく様子を見ていたら、血便がまた少しずつ出て
いきむけど、力がもうないので辛そうで
病院に行くのはやめようという事にしたけれど
血便だけはとめてあげたいって思いが強くなり
3時半に、シェリーを連れて病院に行って来ました。

病院での事は、12日のブログに書きましたのでここでは省略します。


血便は帰宅してから1度出た後からは出ませんでした。

でも、病院からの帰宅途中から、ずっと鳴き続けて
夜も夜中も「アンアン」と甲高い声で鳴いていました。

そして疲れると バタっと寝ていました。

ご飯も水分も自分では摂らないので、先生に教えてもらったとおりに
注射器であげると、コクコクと飲んでいました。


11日の夜から12日の朝まで ずっと抱っこしていました。
「そんなに鳴くと疲れちゃうから鳴くのやめようね」って言っても
自分の世界に入ったように ずっと鳴いて 疲れて寝て また鳴いて・・・


【12月12日土曜日】
朝起きて、チッコして注射器でミルクを飲ませて
9時半に 高栄養パウダーを溶かしたのを注射器で飲ませて
私は、全然寝ていなかったので、パパと交代して
ソファーの上で2時間位寝ました。
その間も、シェリーは大きな声で鳴いていて、疲れては寝て・・・

お昼頃に、パパにホットのペットボトルのドリンクを買って来て貰い
疲れて寝ていたシェリーのお尻と胸のあたりに入れてあげて
温めてあげました。


k20151219b1
ポカポカして気持ち良かったのか お昼頃から午後2時半まで寝てくれました。


午後2時半に、自分の寝床の上で大量のチッコをしました。
綺麗に片付けた頃には、また大きな声で吠え始めました。

ここから亡くなるまで ずっと吠え続けました。
息つく暇もないくらい・・・・

抱っこも嫌がるようになりました。
ヨロヨロしながら吠え、しっかり歩きながら吠え その繰り返し・・・

そして疲れてバタンを崩れ落ちていました。




k20151219b2
倒れたシェリーを寝床に寝かしました。



k20151219b3
毛布をかけてあげましたが、すぐに起きてまた吠え続けます。


夜には、吠えるシェリーにスープを飲ませようとしましたが
嫌がるようになって、うまく口の中に入らなくなりました。



k20151219b4
抱っこしても、何しても、鳴きやまず・・・


k20151219b5
上を向いて吠え続けました。



k20151219b6
これが生前のシェリーの最後の写真です。


この後、フラフラで立って吠えていたので
温かくて寄りかかれて狭い所の方が落ち着くだろうと
ワンコハウスの中に入れました。


嫌だったら出てくるだろうと思ったら、奥の方で寄りかかって吠えていたので
これで様子をみようって事になり、パパは2階の寝室へ
私はソファーに座って 時々ワンコハウスの中を見て
足が入口の方にあったので、足をさすってあげたりと見守ってました。



*長くなったので 続きは次に記事に書きます*


| シェリー | 15:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シェリーの最期の数日のこと

今日はシェリーの初七日です。

もう初七日かと早いと思ったり、遅いと思ったり・・・
シェリーをお見送りしたのに、まだ側にいるような気がして
複雑な気持ちでいます。

気持ちはまだ複雑ですが、少しずつ気持ちの整理も兼ねて
忘れないうちに シェリーの最期の事を記録しようと思います。


【11月27日金曜日】

血液検査の結果を聞きに行く
食べていたのに体重が1.70kgから1.50kgに減っていました。

待ち時間が長く、この日は診察前も診察後のお会計待ちの間も
ずっとイライラして私の腕の中でバタバタ暴れていました。

この日の帰宅後、夕ご飯から食欲が落ちて行きました。



【12月9日水曜日】
ずっと食欲がない状態だけれども、4、5回のご飯のうち
1、2回は食べてくれていました。

大好きなミルクを残すようになったのが気になりましたし、
また痩せてしまっているのも気になりました。


k20151219a1
先月からは、ますます抱っこしている時間が増えて
パパと私で交代で抱っこしていました。
抱っこしているとスヤスヤと気持ち良さそうに寝ていました。


夜は、食欲が落ちたぐらいから私のお布団で一緒に寝るようになり、
k20151219a2
お布団を敷いている時に、側に来て待っている姿は
それはそれは可愛くて愛おしかったです。


【12月10日木曜日】
ご飯をほとんど口にしなくなりました。

それよりも抱っこしてって感じに私たちの足元に来るので
k20151219a3
毛布に包んで抱っこ。何時間も・・・

何か食べないと 体力がどんどんなくなってしまうので
何かないか?と思っていたら
パパが焼き芋なら食べるんじゃない?って言うので
焼き芋を買って来ました。

焼き芋をつぶしてあげたら 匂いに反応して少しだけ食べました。
もしかしたら牛肉は?と、牛肉を焼いて脂を取って小さくちぎったのをあげると
少し食べてくれました。栄養になるほどの量でなく本当に少しだったけど
食べたいって気持ちになって食べてくれたので嬉しかったです。

今まで食欲がない時でも食べてくれていた犬日和でさえ
口に持って行くと、イヤイヤをするようになって
それでも、私に気を使ってなのか 食べるフリをしていました。
それも、この日あたりは、食べるフリをしながら「ヒャー」って鳴いていました。
今思うと、食べる事がもう辛かったんだと思います。

夜は、牛肉をちぎったのを栄養スープに入れたのを食べ
スープも飲みました。
これなら、少しずつ食欲が戻るかも!って少し期待をしました。

長くなったので 続きは次の記事に買い来ますね・・・・





| シェリー | 15:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

少しずつ落ち着いています。

シェリーが旅立ってから、夜になるとどっと疲れが出て
お布団に入るとすぐに寝る事ができていますが
介護中は まとまった時間寝た事がないので
寝ていても頭が起きているというか・・・
寝ながら何か考えているような感じです。

昨日は、朝方、頭の中でシェリーを看取れなかった事を思い
泣きながら目を覚ましました。
そんな感じで 午前中はメソメソしながら掃除したり買い物行ったり・・・
でも、忙しくしてると 気が紛れるので 何とか過ごせています。


昨日の午後は、お友達のラッキーくんのママが来てくれました。
花束と手作りの写真立てをいただきました。


k20151216a1
百均の材料で作ったから・・・と言っていましたが、
とってもそうは見えない素晴らしさ!
シェリーのイメージで材料を選んで作ってくださって
見た瞬間に「あっ、シェリーって感じだ!」って思わず言っちゃいました。

中に入れてくれた写真は、若かりし頃のシェリーとラッキーくんの写真。
下の写真は、落ち葉の上を2頭並んで歩いている後ろ姿で
すごく楽しかった思い出の場所なので 懐かしくて涙が出ちゃいました。

ラッキーくんのママも、楽しかったよねって あの時の話になり、
二人で涙しながらも ラッキーくんとシェリーの思い出話で
盛り上がりました。


5時間位、シェリーのことからワンコの話、世間話など
パワフルでお話上手なラッキーくんのママのおかげで
元気が出てきました。


シェリーの介護中に使っていた沢山のフェンスをいらない?って聞いたら、
将来、もし認知症になった時は、フェンスで囲ってあげた中で
クルクル回らせるといいと、獣医さんから言われたそうで
快く引き取ってくれました。


今日は、やっぱり朝、また泣きながら起きてしまいましたが、
たまにメソメソはしていましたが、あちこち用事もあったので
気が紛れました。

今日の午前中に、
お友達のらんすけさんから、仏具セットが届きました。

k20151216a2
さっそく使わせていただきました。
肉球マークがとっても可愛いです。
らんすけさん、どうもありがとうございます

パパも とっても喜んでいたのですが、
うちのパパ、シェリーを火葬した後から
「チンチンがないとな・・・」と ずーーーーっと言ってたんです。
チンチンとは、「おりん」の事です(^_^;)

私は「おりん」を用意するつもりはなかったのですが
パパがずっと「チンチンが・・・」ってしつこいので
らんすけさんからの仏具が届いたら、仏具に合った物を買いに行こうと
言うことになり、我が家の近くに出来たペットのセレモニーのお店に
行って来ました。


k20151216a3
ディアペットさん。

ネット通販をしているので ご存じの方もいらっしゃるかも・・・
シェリーのお別れも、ディアペットさんに連絡して手続きをしていただきました。


お店の中は、棺桶から仏壇から色んなセレモニーグッズが売っていました。



k20151216a4
おりん、おりんと言っていたパパは、お店のすべてのおりんを
チンチンチンチン鳴らして音をチェック。

色々迷いましたが、らんすけさんからの仏具に合う物がいいねって事で
選びました。


k20151216a5
仏具の下に敷く燃えにくい敷物や小さな可愛いロウソクや
煙の少ないラベンダーの香りのお線香など色々買って来ました。

おりんを置いて、お線香あげて 最初のチンチンは
ずーーっとしつこく言っていたパパに鳴らしてもらいました。

パパ、大満足でした(^_^;)

シェリーは、まだ側にいるみたいで、居ない生活には
まだまだ慣れないですが、こうしてシェリーのために
仏具を用意したりする事で 気持ちが少しずつですが
落ち着いて来ています。

お友達からも、お花が沢山届きました。
私もパパも 沢山のお花にビックリ!そして皆さまのお心遣いに
深く深く感謝しています。

また後日、いただいたお花をご紹介させていただきますね。


夏から、なかなかパソコンでの更新ができないと言う事で
スマホから更新できるように 別のブログを開設しました。

二つのブログをどうしようかと悩んでいましたが
もともとこちらのブログが主ですので
「ふわふわ日記」で書いた物を 少しずつこちらに移動して
「ふわふわ日記」の方は 全部移動した後に閉鎖することにしました。

これからしばらく、シェリーとのお別れの事など 
辛いけど 心の整理のために ブログに綴って行きますので
良かったら見に来てくださいね





| シェリー | 23:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お見送りしました。

k20151214a1
午前9時過ぎにシェリーを連れて霊園へ行きました。

シェリ玉地方は、朝からどんより曇り空でしたが
霊園に着いた頃は 少し晴れてきて、
青空が見えました。

↑の写真は、シェリーを連れて帰宅する前に
撮ったので またどんより曇ってました。


9時半から告別室で 最後のお別れをしました。


いつものように、スヤスヤと寝ているお顔に
いつものように、小さな頭にチュッチュってして、
頑張ったねって声をかけて お別れしました。


今日は、シェリーの後に 他のワンちゃんの火葬と
人間の法事があり混んでいるので、
火葬した後に、ゆっくりとお骨拾いをしたいなら
時間が遅くなってもいいですか?と言われたので、
一度家に帰って また午後2時に霊園に行く事にしました。


一度帰宅して買い物して、シェリーを迎える準備をして
バタバタ忙しくしていたら、あっという間に2時になりました。


霊園に到着すると、告別室に お骨になったシェリーが
私達を待っていました。

パパと2人で お骨拾いをして骨壷に納めて
無事にシェリーを お見送りする事ができました。


火葬してくださった方と、色々とお話したら、
その方のお家のワンちゃんの亡くなり方と
とてもよく似ていて、シェリーを看取れなかった
後悔の気持ちでいっぱいの私の心が
少し晴れました。






小さな骨壺に入ったシェリーを抱いて
お家に帰り、準備していた場所に置きました。

k20151214a2
お花が長持ちするように、シェリーには
しばらく和室に 居てもらう事にしました。


夕方、かかりつけの病院に亡くなった事を
電話で報告しました。


シェリーの晩年、ずっと担当して下さった
女の先生に 経過をお伝えして
先生から シェリーが亡くなった原因を
教えていただきました。

お話しているうちに、先生の優しいお言葉もあり、
涙が出てきてしまいました。

先生にお礼を言って、落ち着いたら
ご挨拶に伺いますと伝えて電話を切り、
その後、しばらく号泣してしまいました。


悲しい、悔いが残る と言うのもありますが、
頑張ったシェリーのこと、夫婦2人で協力した日々、
先生やお友達の思いやりに感謝など、
色んな気持ちで溢れ出た涙です。


まだまだ、メソメソしたり、
落ち込んだりすると思いますが、
家族に、お友達に支えられて
少しずつ前向きになれそうです。

シェリーには、まだありがとうの言葉が
かけられません…

ごめんね、ごめんね…って…

もう少し時間が経ったら、
ちゃんと ありがとうって言えると思います。

お空のシェリーちゃん、
それまでもう少し待っててね…


シェリーの最期の事、お見送りした時の事、
火葬した後の事、先生から言われた事など
後日、ブログに書きますので
良かったら読んでくださいね。


悲しみの中にも、トホホな話とか
お間抜け夫婦のちょっとクスっとしちゃう
話もあるので そんな事も書きますね。



| シェリー | 23:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ご報告です。

このブログを見てくださっている皆様へ

今日の午前4時頃に シェリーが亡くなりました。

昨日の夜から 寝られず 絶え間なく鳴き続け、
亡くなる寸前まで 鳴いていました。

2週間前から食欲が落ちてしまい、
一昨日は、水分も摂られなくなり、
血便まで出ました。

もう、長くないだろうと 覚悟はしていましたが
鳴き声は、最期まで力強く、
まさか 今日、亡くなるとは思えませんでした。

私は、最期の時を 不覚にも寝てしまって
シェリーを看取る事ができませんでした。

シェリーを1人で逝かせてしまいました。
物凄い後悔の気持ちでいっぱいです。

気持ちを整理した後、頑張ったシェリーの最期の事を
ブログに綴らせていただきますね。


明日の午前9時半に 霊園でお別れをします。



今まで シェリーの事を気にかけてくださり、
本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。


| シェリー | 23:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弱っています

少しずつ、食欲が落ちていたシェリーですが、
水曜日から大好きなミルクも全く飲まなくなりました。
ご飯は、半分食べれるかどうか…という感じ…

病院に連れて行くかどうか迷っていました。

病院への往復と、待ち時間と診察で
疲れとストレスで ますます弱りそうなので…


水曜日は、栄養スープは飲んでいたので
様子を見る事にしました。



木曜日は、午前中は飲まず食わずでした。
パパが、焼き芋なら食べるかもと言うので、
焼き芋を買って来てあげたら
少しですが夢中になっても食べていました。

牛肉を焼いて余計な脂をキッチンペーパーで取り、
小さくちぎってあげたら、これも夢中になって
食べていました。

少しだけど、焼き芋と牛肉で食べる気力が出るかもと
期待をしていました。


でも、昨日は朝から、また飲まず食わずに
なってしまいました。



h20151212a1

焼き芋ならと、少しあげてみましたが、
食べようとするものの 口が開きません…


牛肉だったら食べるかも…

とにかく、シェリーが好きそうな物を…
牛肉、シュークリーム、ヨーグルト、
犬用、猫用の液状ちゅーる…
たくさん買って来ました。


ヨーグルトとちゅーるをあげましたが
全く食べませんでした。


お昼前に、パパが抱っこしている間に
うんPしていたみたいで、尻尾とおチリが
汚れていたので、ウェットティッシュで
拭きました。

そしたら、うんPが少しずつ
絶え間なく出て来て、
シェリーが辛そうに鳴き出しました。

血便が出で、肛門が汚れてしまい、
その度に拭くのですが、
それが刺激なり、また血便が出て…


そんな状態が1時間位…

シェリーが眠くてフラフラしてたので
毛布に包んで抱っこしました。


抱っこして2時間。
起きてまた血便…

シェリーが辛そうで、横になりウーウーと
低い声を出していました。


午前中、パパと病院には行かずに
静かに見送ろうと話していたのですが、
血便が出で苦しそうなので
血便を止めさせないと…と思い、
3時半に家を出で、病院に連れて行きました。


病院の診察台にシェリーを乗せると、
横になったままで起きません…


家では、血便が出でいないときは

h20151212a2

しっかり歩いていたのに…


服を2枚と靴下履いた状態で 体重が1.50kgでした。


整腸剤を注射してもらい、
水分を摂らないと いけないのでと
先生が 注射器で お水を飲ませて、
退院サポートの缶詰を注射器に入れて
口の中に入れてくれました。


注射器で 水分をあげるやり方を
教えてもらいました。


水分補給をこまめにする事が
まずは大事で、あとは好きな物を
ケーキでもシュークリームでも、
なんでもあげていいと言われました。


ミルクが水分と栄養が摂れるので
ミルクがいいと言われました。


整腸剤を飲ませて、水分と栄養を与えて
1週間後に経過を診せる事になりました。


h20151212a3

帰りの車の中、疲れてグッタリしていました。


h20151212a4

でも、途中で起きて

h20151212a5

その後は、ずーっと吠えていました。


帰宅した後も、しばらく吠えていました。


h20151212a6

吠えた後は寝る…そしてまた吠える…


今朝まで その繰り返しで、
私、全然寝られませんでした(;_;)


注射器で、ミルクや高栄養パウダーを溶いたのを
こまめにあげています。


一度に沢山あげられないので
充分に栄養は摂れてないです。

血便は、昨日 帰宅した後に一度してからは
出ていません。


昨日、病院で体温を測ったら、36.2度でした。
平熱が38.5度位なので、かなり低いです。
服を3枚位着せて温めて言われました。

毛布で包めるなら、3枚着なくてもいいそうで…

h20151212a7

今日は、昨日よりも温かい服を2枚着せました。


めずらしく、自分の寝床で寝たので
毛布を掛けてあげたのですが、
それでも、体は温まらないので
さっき、パパにホットのペットボトルの
飲み物を買って来てもらって
寝ているシェリーの近くに2本置きました。


h20151212a8

只今、ぬくぬくで寝ています。



かなり弱っているので、いつどうなるか
わからない状態です。

シェリーには、辛く苦しい思いは
させたくないと、そんな気持ちで
見守っています。



| シェリー | 11:55 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2015年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年01月