PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

病院へ

前日の夜に下痢ピーになってしまいましたが
夜中と朝方にチッコはしましたが 下痢になる事もなく
朝を迎えました。

k20150721a1
レンジアレン(リンを外に出す薬)が なくなったし
お腹も ちょこちょこ壊しているので
爆睡しているシェリーを起こして 朝一で病院に行って来ました。



まずは体重測定


・・・・


1.80kg


また減ってしまいました・・・



前回は院長先生の診察でしたが
今回は女の先生の診察でした。


下痢に関しては 高齢なので油分が多い物を食べると
消化が上手くいかなくて 下痢をしてしまう事があるので
整腸剤を飲んで下痢が治まっているのであれば
消化がうまくいかなくて 一時的に下痢になってしまったのでしょう
とのことでした。


前回、腎臓の数値が少し高かったので
粉ミルクなど 高たんぱくな物は与えないでと
院長先生に言われて シニア用のミルクを
シニア用の缶詰などに混ぜてレンジアレンをかけて
与えていた話をしました。


女の先生は、

腎臓に良いフードは 美味しくないので
美味しくないことで ご飯を食べなくなって
ますます痩せてしまうのと

腎臓に悪くても 高たんぱくな物でも 
ご飯を食べてくれるのと
どちらを選択するのがいいのかと考えると

食べなくなって ますます痩せてしまう方が
今のシェリーには 良くないことなので
リンを出すレンジアレンをかけて 食べられる物を
食べさせた方がいい

というのが女の先生の考えのようです。


同じ病院でも、院長先生と女の先生の考え方が
少し違っています。
院長先生の言うことは 正しくて その通りにできれば
そうしたいです。

でも、今のシェリーは 美味しくない物は食べないし
美味しい物でも すぐに飽きてしまって食べなくなってしまいます。

腎臓に良い物だけをあげたら きっともっともっと痩せてしまって
もっと体重が落ちて 起きていられない状態になると思います。


幸い、レンジアレンをかけても ご飯を食べてくれるので
女の先生の考えの方が 今のシェリーには合っていると思うので
女の先生の指示に従うことにしました。



シェリーは、少しでもご飯を食べると 動いてしまうし
時々下痢や吐いたりするので せっかく食べても
体重が全然増えないので この状況で体重が
増える事があるのですか?と聞いたら


体重を増やすのは難しいので 今の(1.801kg)の体重を維持するように
した方がいいとのことでした。

今のこの体重を維持するのも、本当に難しいです。
自分なりに 精一杯食事の管理をしていますが
本当に難しいです。

と、女の先生に伝えると


ご飯を少ししか食べなくて痩せてしまっているけれど
ご飯を食べて動けるという事は
本人(犬)は元気だと思っていると思います。

今、少しでもご飯が食べられて動いているうちは
元気だと思いますが
全然食べられなくなってしまったら 動けなくなってしまって
心配です。

とのことでした。


そっかぁ~
ガリガリでヨボヨボだけど シェリーは元気なんだ!

先生のお話を聞いたら、体重減少に落ち込んでしましたが
少し元気になりました。


お耳が汚れていたので、掃除してもらって
時々気分で食べてくれる 腎臓サポートの缶詰を買って帰りました。



k20150721a2


お家に帰って 腎臓サポートの缶詰をあげたら
むさぼるように食べていました。
たま~にあげると すごい勢いで食べますが
次にあげる時には もういらないってプイっとしちゃうと思います



k20150721a3
下痢ピーは治まったようです。

寝てる写真ばかりですが、よく動いていました








スポンサーサイト

| 健康管理・お手入れ | 23:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT