PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シェリーの最期のこと 続き

【12月13日日曜日】
日にちが変った深夜も ワンコハウスの中からシェリーの鳴き声が
絶え間なく続いていました。

私は、まだこの時には、あと数日は 夜中に吠えるのかな・・・
聞こえているかは分からないけど、
我が家は吹き抜けなので、シェリーの声が家中響いているので
迷惑かけてるかもと思い、近所に一応菓子折り持ってお詫びに行こうかな
と、そんな事もチラッと思ったりしながらシェリーを見守っていました。

見守っていると言っても、ワンコハウスの中にいるので
姿は見えず、時々毛布をめくって様子を見て
足をさすってあげているだけでした。

それにしても、金曜日の夕方から ずっと鳴き叫んでいる力が
何も食べないシェリーの小さな身体のどこにあるのだろう?
何であんなに鳴いているんだろう?
何を訴えているのか・・・
吠えつづけているけれど、呼吸が荒くもなっていなくて
何でなの?と そればかり考えていました。

あまりに鳴き続けるので、午前3時頃に、ワンコハウスから出して
抱っこしてあげようかな・・・と思いました。
でも、抱っこ嫌がるだろうし、鳴き声は力強いので
朝は大丈夫だろうと そのままワンコハウスに入れたままにすることに・・・

3時半頃、ずっと鳴き続けていたシェリーが
「アンアンアンアン」と鳴く間に少し間が出てきました。

そろそろ疲れたのかな?じゃあ寝てくれるかな?
その時、私は お気楽にもそう判断しちゃったんです。

眠くはなかったのですが
寒くなったので毛布に丸まって 疲れも出ていたので
ソファーの上で寝ころびました。


午前3時37分。
時計を見て、まだこんな時間か・・・早く朝にならないかな~と思いながら
鳴いている時間と鳴きやんでいる時間がどのくらいかな?なんて
寝ころびながら 指で鳴く回数、無言の回数って感じに
指を下りながら数えていたんです。

それがまるで・・・
羊が一匹、羊が二匹・・・みたいになってしまったみたいで
私、記憶がなくなり、寝てしまったんです。


パッと目が覚めたのが 4時55分位だったと思います。
シェリーの鳴き声が聞こえません・・・・

寝ちゃったんだ~と思いながらも、何だか嫌な静けさだったので
ワンコハウスを覗いて 掛けていた毛布を取りました。
毛布もシェリーのおチリもホカホカですごく温かかったです。

「シェリー、シェリー」ってゆすってみましたが無反応・・・

奥の方を見ると、上を向いたまま吠えたままのような顔、
前足はピーンと伸びていました。

ゆすっても、目が動きません・・・

シェリー、シェリー!!って大きな声で呼んでさすっても
全く動きませんでした。


シェリーが亡くなったと分かりました。


2階で寝ているパパを起こして ワンコハウスからシェリーを出しました。
その時は まだ私は冷静で 硬直する前に前足と後ろ足を丸めてあげないとって言って
パパとシェリーの身体を丸めようとしました。
でも、前足はもう硬直しはじめていて うまく丸められませんでした。

ネットで旅立ちの準備のところを見ながら読んで
パパがシェリーの姿を整えていたのですが
読んでいるうちに だんだんと涙が溢れ出ました。

吠えたまま亡くなってしまったみたいで 犬歯が剥き出ていたので
パパがお口を整えて、目を閉じてあげました。


「よう頑張ったなぁ・・・。長生きしてくれたね」ってパパが
シェリーの亡骸に声をかけていました。

私は、最後に抱っこして看取ってあげれば良かったのに
ワンコハウスに入れっぱなしで寝てしまった事が許せなくて
シェリーに、「ごめんね、ごめんね、1人で逝かせて・・・」と
泣きながらシェリーに謝り続けました。


もう長くはない、あと1日か長くて2日位なんじゃないかと覚悟していましたが
まさか、13日の朝方に亡くなってしまうとは思いませんでした。

もっとこうしてあげたら、もっとこうできたのに・・・・

後悔の気持ちと 自分の愚かさに 本当にやり切れないです。

最期を看取っていないので、シェリーが何時何分に亡くなったのかが
分かりません。
推測ですが、午前4時頃だったんじゃないかなと思います。
私が眠った直後位だったんじゃないかと思います。

昨年の夏頃からは、パパと交代で シェリーを絶対1人にはしないように
ずっとそうして過ごしていました。
部屋に1人しかいない時は、トイレも我慢するほどに・・・

なのに、同じ部屋にいたとはいえ、1人で旅立たせてしまった事は
たぶん、一生後悔することと思います。

でも、17年間、悲しい思い出よりも、
楽しくて面白い思い出の方が沢山ありますので、
少しずつ、楽しかった思い出話を家族や友人として
シェリーにありがとうって言えるようになろうと思います。

長々となりましたが 最後まで読んでくださってありがとうございました。

k20151219b7
シェリー*17歳10カ月と6日 人間だったら87歳でした。
最後までよく頑張りました。

皆さん、今まで応援してくださって どうもありがとうございました。




*シェリーのお見送りの話しなどを 後で書かせていただきますね*

スポンサーサイト

| シェリー | 16:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT