PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

押しかけ猫(1)

押しかけ猫(1)  
話が長くなりますので興味のある方だけご覧ください


2016年12月29日(木)午後3時半頃

年末の大掃除じゃなくって 小掃除を終えて
カーテンを洗うのを忘れていた事に気づき
二階でカーテンを外していました。

外から猫の鳴き声が聞こえて来ました。

洗濯機にスイッチを入れたところで 
猫の鳴き声が我が家の外から 
かなりの音量で聞こえて来ました。

パパが夏からポケモンGOにはまっていて
私は パパが出かける前にいつも冗談で
「リアルニャースを拾って来て」って言っていて
この日も、「野良猫拾って来てね~」って
冗談を言ってたのです。

まさかまさか、本当に拾って来たのか!?
猫の声の方に行くと 玄関の方からは聞こえない・・・
パパはまだ帰宅してないみたい。


「ニャーニャーニャー!!!」
猫がうちの方に向かって鳴いているような感じ・・・

和室の障子を開けると、白い猫のシルエットが見えました。

窓を開けると


k20161229a1
隣の古い病院(空き家)の塀に
白い猫がいました。


k20161229a2
私と目が合うと 「シャー!!」って威嚇しました。


あ~、野良猫だからね~って思って
窓を閉めようと思ったら 猫がジッと私を見てから
こちらの方に来ようとしています。

シャーって威嚇したのに・・・
まさかね~と思いながら 網戸を開けてみました。

そしたら、スルッと家の中に入ってしまいました


すぐに出て行くと思ったら

k20161229a3
ニャーニャー言いながら スリスリ&フミフミ
私にすがりついて 離れようとしません


k20161229a4
抱っこしたら、顔にもスリスリベッタリ・・・・

私、どうしたらいいのか しばらく頭の中が大混乱


k20161229a5
とりあえず、パパに電話をして事情を話したけど
パパは、何を言ってるのかよく分からないみたいで

「とにかく、野良猫が家に入って出て行かないの。
何でもいいから 餌を買って来て」

パパに電話してから、帰宅を待っている間、
何度も元にいた場所に置いてみました。
でも、すぐに入って来ちゃう野良猫・・・・


なんか、なんか、すごく大きい。
そして すごく汚れているし、すごく臭い。


汚れて臭い身体を私に擦りつける野良猫・・・・


30分後に、パパが帰宅。


k20161229a7
猫に餌と水をあげました。
餌をがっつく猫。
水は飲みません。

食べても食べても欲しがるのですが、
一度に沢山あげるのはよくないので
お皿を片付けると、パパに甘え始めました。

k20161229a6
ゴロゴロ、スリスリ、フミフミ
パパにベッタリ甘えて お手手をグーパーグーパーしていました。


こんな人懐こい野良猫初めてです。
引っ掻きも噛みも一切なく、どこを触っても
ゴロゴロ喉を鳴らしています。


さて、これからどうする?
猫は、出て行く気は全くありません・・・

とりあえず、一晩置いておくにしても
どんな病気を持っているか分からないので
動物病院に連れて行く事にしました。

キャリーバッグも何もないので 近くのホームセンターで
キャリーケースと猫トイレを買って来て
開いている動物病院を探して連れて行きました。


k20161229a8
ニャーニャーとずっと鳴いていましたが
どの部分も触って大丈夫みたいで
洗濯ネットに入れなくても診察出来ました。

猫の歯をチェックして 年齢は1~2歳位と獣医さん。
体重は 4.0kg  オス  去勢済み
まずやる事は、ノミダニ駆除と寄生虫駆除。

レボリューションとプロフェンダースポットという薬を
首の付け根につけました。

爪が伸びていたので、爪切りもしてもらいました。

それと、お尻が物凄く臭かったので
肛門腺を絞ってもらいました。

耳、汚れていませんか?って獣医さんに聞いたら
ろくに見もしないで 汚れてないって・・・

ちょっと やる気のない獣医さん・・・
野良猫だから手を抜いてるのかしら?と
心の中でプンスカ怒っていました


病院が年末年始でお休みになるので 
休み明けに便検査をする事にしました。
それも、こちらから便の検査の事を聞かなかったら
スルーされていました


猫のシャンプーも病院でやっているそうで
予約しますか?とスタッフさんに聞かれましたが
もしかしたら出て行ってしまうかもなので
休み明けに連絡しますと言って病院を出ました。

診察が物足りなくて心の中がモヤモヤでしたが
とりあえず、ノミダニ寄生虫駆除の薬はつけたので
家に連れて帰り、身体を温かいお湯で濡らしたガーゼで
拭いてあげました。

洗面器に入ったお湯が、あっという間にグレーに汚れてビックリ!
そして、そのお湯を猫が飲み初めてビックリ!

あ~、野良だから、小さな器で水なんて飲まなかったんだ~と思い
洗面器に綺麗なぬるま湯を入れてあげると
グビグビ飲んでいました。


k20161229a9
身体が濡れたので寒かろうと 電気ストーブを付けてあげたら
ストーブの前でコロンと寝て寛いでいました。


私にベッタリ、パパにもベッタリ、交互に甘えてお手手グーパーグーパー
こんな野良猫いる?なんか凄いね!って二人でビックリ
私たちが和室からいなくなると、ニャーニャー鳴きます。


「どうするの?飼うの?」ってパパに聞かれて

「わかんないよ~。勝手に入って来ちゃったんだもん」

「じゃあ、出て行くかどうか 窓を開けて試してみよう」
と、パパに言われて
入ってきた窓を開けて 私たちはリビングに行き
しばらくどうなるか待つことに・・・・


猫は しばらくニャーニャー鳴いていましたが、
10分後に鳴きやみました。

15分経って和室を覗くと、猫はいませんでした。


「やっぱり、野良猫だね~出て行っちゃったね。」

病院代とキャリーケースにトイレとかで1万円位使っちゃったのが
惜しかった~なんて言いながらも、
一度家に入れてしまった猫が こんなに寒い日にどこで過ごすんだろう?とか
車に轢かれちゃったらどうしよう・・・とか気になってしまって
何度も何度も 窓を開けて外を見てみました。
でも、猫の気配はなし・・・・

その様子を見て、パパは呆れていました。


そんなこんなで 遅い夕飯を食べた後に、
空耳なのか 猫の鳴き声が聞こえます。

窓を開けると、玄関の方から鳴き声が聞こえます。

玄関を開けると、隣の駐車場の所で猫が鳴いていました。

「入る?」って言ったら、「ニャー」って言って玄関から入って来ました。


「どうするの?飼うの?」とパパに言われましたが
とりあえず、保護して様子を見てから決める事にしました。


k20161229a10
「家に入れちゃって」と文句を言っているパパですが
猫があまりに甘えてくるので 「お前、臭いな~」と言いながらも
可愛がっていました。


この日は、猫が人が居なくなると鳴きわめくので
ご近所迷惑になるので、私が一晩一緒に過ごすことに・・・
猫が汚れているし、ノミダニ寄生虫もいるかもなので
布団ではなく、長座布団にホッとマットを敷いて毛布を掛けて
寝る事にしました。

猫は、私にベッタリくっついて、顔にスリスリしたり
胸の上に乗って寝たりと一晩中ベッタリでした。

私は、汚れて汚い猫にくっつかれて ほとんど寝る事が出来ず
地獄のような夜を過ごしました


~つづく~







スポンサーサイト

| 押しかけ猫 | 17:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT