PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

血液検査の結果

11月30日に血液検査をした結果が出たと連絡があったので
私だけ結果を聞きに病院に行ってきました・・・


春の時の結果とほぼ同じ結果でした。

ALPの数値が 参考値14~193のところ 303と高かったです。
これは、痒みを抑えるステロイド剤の影響かもしれません。
この数値が高い時に 胆嚢の働きが悪い時があるそうですが
胆嚢は、ちゃんと機能している数値が出ているそうです。


そして、前回も高かったのですが 中性脂肪が今回も高かったです。
参考値17~79のところ 315

血糖値が高くないので糖尿病ではないそうです。
見た目痩せているし、どうして??って感じなのですが


もしかしたら甲状腺機能亢進症の疑いもあるかもしれないので
内分泌の検査をした方がいいかもと言われました。


血液検査をするセンターに、シェリーの血液がまだ残っていたら
それで検査ができるということで、先生がセンターに連絡してくれて
まだ残っているらしく、検査をお願いしました。
結果は4、5日後には出るそうです。


甲状腺機能亢進症は、犬がなりやすい病気のひとつだそうです。
症状は、たくさんあります。
たとえば、肥満・糖尿病・筋力低下・めまい・・・・もっとたくさんあります。

シェリーは、肥満ではないし、糖尿ではないし・・・って先生に言うと、
甲状腺機能亢進症は、これだから、この病気って症状ではなく
いろんな症状があるので、検査をしないとはっきりわからないみたいです。

シェリーが、もしこの病気なら、お薬を飲む事になると思います。


筋力低下や、フラっとよろけた事が何回かあって
頭の隅でずっと気になっていたことがあり、
ただの老化なのか、病気なのか この検査でわかるかもしれません。

結果を聞くのが怖いですが、ちゃんと受け止めて対処していかないとね




k20101206a1
↑本犬は、私の心配なんてぜ~んぜん知らずに のんびり寝ています







心配な事が色々ありますが・・・・


k20101206a2
ハルちゃんちの前でストーカーしたり



k20101206a3
ゆっくりだけどお散歩を楽しんだり



k20101206a4
オヤツを欲しがって しつこく鼻を鳴らしたりと

今日もシェリーは いつものシェリーで元気です
スポンサーサイト

| 健康管理・お手入れ | 19:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT