PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不安定

昨晩、3月11日の震災後の余震の中で一番大きな余震がありました。
余震の大きかった地域の皆様、お見舞い申し上げます。



こちらは震度4との事でしたが、毎日のように続く余震のせいか
家がガタがきているみたいに、震度4のわりに、かなり大きく揺れました。


いつも、余震があっても寝ているシェリーですが、
今回は驚いたようで、私の腕の中でブルブル震えていました。


余震がおさまった後も、ハウスに入ってみたり、
行ったり来たりして落ち着かず、襖をカリカリして
玄関の方に行こうとしていました。


「もう大丈夫だよ」って何度も声をかけながら様子を見ていると
1時間位したら、落ち着いたようでソファーの上で寝ていました。




k20110408a1
もうすぐ、震災から1カ月になりますが、
まさかこんなに大きな地震が来るとは思いませんでした。

震度4で こんなに怖いと思うのですから、
もっと強い地震があった地域の方は、どんなに怖かったかと・・・
自然の力には、何もする事ができないので
ただただ、これ以上、地震がありませんようにと祈るばかりです・・・







.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.


今日の事・・・

Rの引っ越しの準備で午前中から買い物に出かけてて
午後2時頃帰宅すると、シェリーが大歓迎で迎えてくれました。


震災後、お留守番が心細いみたいで、帰宅すると子供の頃のように
大歓迎してくれるのです。
そんなシェリーの姿を見て ホロリとしてしまう私



シェリーを散歩に連れて行き、遅いお昼ご飯を食べさせ
私も急いでお昼を食べてから、Rの部屋を掃除しました。


震災の時に、30センチもずれてしまった重たい勉強机を移動したり、
家に置いて行く家具を端に寄せたりと、ドタバタと片づけていると
階下で「カリカリカリ・・・」と、シェリーが襖を開けようとする音が聞こえました。


あまりに激しくカリカリやっているので、ボロでも借り物の家なので
慌てて襖を開けました。


襖を開けても、目の前は段ボールだらけなので
シェリーは動けず・・・・


そのうちに、クンクンクンと子犬の頃のような
まるで誰かを呼んでいるような感じで鳴いていました



もしかしたら、2階で大きな音がしていたので
Rが居るんじゃないかと思ったのかな??

・・・・と思って、シェリーを抱っこしてRの部屋に連れて行きました。




k20110408a2
あちこちの匂いを嗅いでいました。




k20110408a3
どんな気持ちで匂いを嗅いでいるのかなぁ・・・



納得行くまで匂いを嗅いだら落ち着いてきたので
1階に連れて行き、私はまた荷造りを始めました。


いつもは寝ている時間なのに


k20110408a4
*途中でお着替えしました*
ずっと起きてウロウロしたり、入口の前でフセしていました。



夕方、実家の母から電話があったので、シェリーの話をすると
「大きな余震があったし、目が見えないから余計に
音に敏感になって 怖いんじゃないの?
可哀想に・・・
Rの引っ越しの手伝いで留守番させて大丈夫かねぇ・・・」
と言われました。



本当に・・・・
シェリーを一人長時間留守番させるのが可哀想だし、
とっても心配です。


病院に預けようか、実家に連れて行こうかと考えた事もありますが
一人で留守番でも、家に居るのが一番落ち着くのではないかと思い
家でお留守番させる事にしました。



夕方まで、落ち着かなかったシェリーが夜には落ち着いて
まったりと寝ていたので ホッとして夕飯を食べていたら・・・


またシェリーの動きがおかしくなりました
午後7時58分。
とっても辛そうです。

抱っこしたら、嫌がって下りようとするので
ソファーの上に下ろして、声をかえて撫でてあげました。

3~5分後、身体の緊張も取れた感じで落ち着きました。
そのあとは、いつものよに足先を舐めたりして寛いでいました。


ますます留守番させるのが心配です


10日と12日、頑張って耐えて~!!
スポンサーサイト

| シェリー | 23:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT