PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Rの巣作り その2

引っ越しの朝


k20110412a1
家のあちこちがRの荷物だらけ・・・



9時に引っ越し屋さんが来るので
バタバタと準備をしていると・・・



k20110412a2
いつもは寝ている時間のシェリーが
いつもと違う雰囲気がするのか
起きてあちこちウロウロしていました。



8時55分頃、引っ越し屋さんが来て
荷物をどんどん運んでくれて・・・・


k20110412a3
15分もかからないうちに全部積み終えてしまいました。



シェリーは、引っ越しのお兄さんに吠える事もなく
荷物が積み終わって 代金の支払いやサインをしている時も
お兄さんの足の匂いを嗅ぎながら大人しくしていました




Rが授業があって、荷物の受け取りが出来ないので
私がアパートに行って受け取る事になっていたので
急いで支度をして、電車に乗り、Rのアパートへ







k20110412a4
11時45分頃、アパートに到着しました。



k20110412a5
引っ越し屋さんが まだ来ないので
窓と玄関を開け、部屋に風を通しました。


古いし、汚いし、臭いし・・・
これで5万7千円の家賃って。。。。


うちの近くのアパートだったら、この金額出せば
新築でかなりいいアパートに住めるのになぁ・・・
都会は家賃が高いです



12時半頃、引っ越し屋さんが到着。
授業を終えたRも到着して、あっという間に荷物が運び込まれました。


さて、ここからが大変でした。


私が段ボールの中の物を出している間に、
Rに洗濯機の所に置く、ランドリーラックを組み立てさせました。


両親に似て不器用なRは、モタモタしてかなり時間がかかって・・・
次の授業が始まるという事で、未完成のまま大学に行っちゃいました。


「そのままにしていいよ」って言われたけど、
組み立てるのにガタガタうるさくしちゃうので
私、一人で組み立ててみました。


・・・私もかなりの不器用人間なので、
完成するまで、すごい時間がかかってしまいました。


そのあと、テレビの設定をしてみたのですが
設定が何度やってもうまく出来ず・・・


説明書に書いてあるメーカーに電話して
メーカーさんの説明通り設定したらやっと出来ました


お風呂のシャワーカーテンをかけたりしていたら
Rが戻って来ました。


ロフト部分の床の張り替えがしていなくて
不動産屋さんは、代わりにビニールの敷物を買ってくると
言っていたので、物置に使うロフトに物が置けず
作業が全然はかどらず、ずっと不動産屋を待ってて・・・


本当は5時にはアパートを出たかったのですが
6時過ぎに不動産屋さんが、サイズが全然合わない敷物を持って来て
もう仕方ないので、それを敷いて、それからRとどんどんロフトに荷物を運んで
7時になってしまったので、全部片付け終わらなかったけど
シェリーが心配だったので帰る事にしました。


Rが、駅まで送ろうと思ったのか
アパートの下まで一緒に下りてきたので

「ここでいいよ」って言うと


「ありがとう」ってRが言って


「じゃあね」って言って別れました。


Rと別れて歩き始めると・・・


うっ!!


腰が・・・


足が・・・


痛い~


すごく痛くなってしまって、家まで歩いて帰れるかって感じで
痛さを我慢しながら、駅の階段を上り下りして
もう限界だったので、グリーン車に乗って帰りました



9時頃、家に到着すると、
シェリーは寝ていたみたいで、声をかけるまで動きませんでした。

「シェリーちゃん、帰って来たよ。ごめんね、ごめんね」って
何度もシェリーに謝ると



k20110412a6
寂しかったみたいで、尻尾をブンブン振って喜んで
私にすがりついていました


そして・・・



k20110412a7
Rも一緒なのかと思ったのか、玄関に行って探しているような感じで
その姿を見てちょっとホロリとしました



k20110412a8
自動給餌器のご飯もオヤツも 空っぽで
とってもお腹が空いていたみたいで
急いでご飯をあげました。



k20110412a9
ご飯とサプリメントとオヤツを食べ お水をガブガブ飲んで
私の後をずっと付いてまわっていましたが
もう出かけないとわかったら落ち着いてきて、スヤスヤ寝ちゃいました



k20110412a10
朝から大きな余震があり、一人でずっと留守番をしていたので
熟睡できなかったのかも・・・・
心細かったと思うけど、元気で頑張って留守番してくれて
本当に偉かったなって思いました



.:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:..:*゜..:。:.::.*゜:.。:.


シェリーの事をハルちゃんのママにお願いしていたのですが
私がなかなか帰って来なかったので、とても心配してくださって
雨戸を閉めずに 私が帰って来るのを待っていてくれたそうです。
ハルちゃんママが、居てくれるから この余震が続くなか
Rの引っ越しの手伝いに行く事ができました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ハルちゃんママ、ありがとうございました



そして・・・

朝、引っ越しのトラックが停まるので お隣の奥さんにお願いして、
お隣の駐車場に私の車を停めさせていただきました。
そして「何かお手伝いできる事があったら言ってください」と
優しい言葉をかけてくださり、とてもうれしかったです。


そして・・・

引っ越し前日、漢方の薬局の薬剤師さんが
腰を痛めないようにと、気遣ってくれて
腰痛予防の漢方をいただきました。
「腰を痛めるから、無理しちゃダメよ」って心配してくれて
とてもありがたかったです。



パパが居なくて、全部一人でやらないといけなかったけど
周りの方々が親切にしてくれて とても人の優しさを感じました。


これからしばらく ひとりぼっちになってしまうけど
一人で生きてるわけではないんだと思いました。
私も、周りの人たちを見習って、もっと人に優しくしないとって思いました



・・・Rの巣作り、完成しなかったので写真撮れず残念・・・
スポンサーサイト

| 家族 | 23:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT